English簡体中文繁体中文한국어    

タワーの外

五稜郭タワーの外には、函館から見ることのできる東西南北と天頂の夜空に見立てた「外壁ガラスブロック」や
 五稜郭周辺をご案内する「周辺案内サイン」がございます。

外壁ガラスブロック

画像
※写真は「西天」です。

タワー低層部の5個所の外壁面に配置されたガラスブロックは合計52個。

これらは五稜郭の設計者である蘭学者の武田斐三郎が「箱館諸術調所」で学生に航海学を教えるために星の位置を緯度・経度で表した『星象新図』という星座に 関する書物を著していたことから、5個所の外壁を、函館から見ることのできる東西南北と天頂の夜空に見立て、そこに存在する代表的な星座を表現しておりま す。

また、夜間はこの内の42個のガラスブロックが、タワーのこれまでの42年の歴史を象徴して輝きます。

星座の種類は、タワー正面から見て左から…

(北天) - ケフェウス座
(東天) - 獅子座
(南天) - オリオン座、うさぎ座
(西天) - アンドロメダ座、ペガサス座、カシオペア座
(天頂) - 大熊座

 

五稜郭周辺案内図

画像

五稜郭タワー周辺の文化施設・公共施設をご紹介するために、南側入口横に設置されている周辺案内サインは、五稜郭の石垣の石材として用いられたものと同じ、函館山から採取された安山岩が使用されています。

 



その他の設備

五稜郭タワーには、自家用車駐車場のご用意はございません。
誠に申し訳ございませんが、お車でお越しの際は、五稜郭タワー周辺にございます
函館市芸術ホール・北洋資料館・道立函館美術館 駐車場(有料)
函館市中央図書館向い 函館市五稜郭観光駐車場(有料)

をご利用くださいますようお願いいたします。

このページのトップへ