HOME土方歳三のブロンズ像(立像・座像・胸像)について

土方歳三のブロンズ像(立像・座像・胸像)について

五稜郭タワーに建立されている、新選組副長・土方歳三のブロンズ像(立像・座像・胸像)をご紹介 します。
  制作はすべて、函館出身の彫刻家・小寺眞知子さんの作品です。

土方歳三之像

作品名 「土方歳三之像」
高 さ 像本体: 約135cm(ほぼ等身大)
    台座: 約50cm
材 質 像本体: 青銅(ブロンズ彫像)
    台座: 黒御影石
場 所 展望2階
公開日 2005年(平成17年)2月4日

制作は立像・胸像の制作者である函館出身の彫刻家、小寺眞知子さん。この座像は、フロックコートにブーツ、腰に刀を さした洋装姿の土方歳三が椅子に座っている姿です。これは一般にもよく知られている土方歳三の写真を 基に小寺先生が2年をかけて制作いたしました。

五稜郭に立つ 土方歳三

作品名 「五稜郭に立つ 土方歳三」
イメージ 「長刀を腰に差し右手に乗馬鞭を持った洋装の立像」
高 さ 像本体: 約220cm(等身の約1.2倍)
    台座: 約103cm
材 質 像本体: 青銅(ブロンズ彫像)
    台座: 黒御影石
場 所 1階 アトリウム
公開日 2003年(平成15年)12月1日

創業40周年事業の一環として、また観光産業に関わる企業として、函館の観光振興に繋がる記念事業の実施を検討いたしました結果、その生涯が多くの共感を得て現在でも人々から支持されており、五稜郭にも縁の深い、新選組副長・土方歳三のブロ ンズ像の建立を記念事業としました。制作は彫刻家・小寺眞知子さん。

※土方像のミニチュアレプリカを1階売店および[通信販売]にて販売しております。

土方歳三之像

作品名 「土方歳三之像」
高 さ 像本体: 約65cm(ほぼ等身大)
    台座: 約95cm
材 質 像本体: 青銅(ブロンズ彫像)
    台座: 黒御影石
場 所 五稜郭タワー事務所
公開日 2003年(平成15年)12月1日

胸像は立像・座像と同じく、彫刻家・小寺眞知子さんに制作していただきました。この胸像はアトリウムの立像と違い、顔の高さがおおよその等身大の位置にあります。

※現在、胸像は弊社事務所にて収蔵保管しており、一般の方には非公開となっております。 

小寺眞知子氏(1950~2012)プロフィール

函館市出身。北海道教育大学美術科彫塑課程卒業。1980年にイタリアへ渡り、ローマ美術アカデミーを84年に卒業。ローマのアトリエを拠点に、イタリアや日本で数多くの個展・グループ展を開催。また、1987年、第二回現代日本具象彫刻展、第十二回現代日本彫刻展に入選。89年には第三回現代日本具象彫刻展大賞を受賞するなど活躍。函館市内には、「青・海・テティス」(若松町・旧シーポートプラザ前広場)、「ペリー提督来航記念碑」(函館病院跡地・ペリー広場)、「ハーモニー」(函館市中央図書館)、「北天の竪琴」(函館空港ビル)、「小さなトリトン」(函館市総合保健センター)、「赤い靴の少女像」(函館西波止場)など、8基の作品が設置されています。

 

エリアをお選び下さい

このページのトップへ