English簡体中文繁体中文한국어    

エントランスホール

画像

いらっしゃいませ。

正面入口を入ると、明るいエントランスホールが広がります。
目の前には錦絵で覆われた円筒形のタワーチケットカウンターがございます。

タワーチケットカウンター

画像

五稜郭タワーの展望台へ上るには、こちらで展望チケットをご購入下さい。

タワーチケットカウンターは、円筒形になっており五稜郭や箱館の歴史を象徴する錦絵で覆われ、柔らかな光のオブジェでお客様をお迎えいたします。

展望料金・営業時間はこちらをご覧下さい。

エレベーターホール ・ 五稜郭築造当時の「箱館」(1/1500)

画像

展望チケットを購入したら、ここよりエレベーターで展望台へ向かいます。

エレベーターホールには、ガラスの床下に直径6mの、リアルで精密な五稜郭築造当時、元治元年(1964年)頃の箱館の姿を資・史料に基づき再現した地形模型がございます。当時の「箱館」の姿をご覧いただいてから、展望台で現在の「函館」と五稜郭の様子をご紹介いたします。

エレベーターに乗って、さあ展望台へ。

1階売店

画像

五稜郭と函館のお土産探しはここで決まりです。

1 階売店には、ここでしか手に入らないオリジナルアイテムを豊富に
揃えております。

また、オリジナルグッズだけを取り揃えた通信販売もしております。
お買い忘れ時の買い足しにもぜひご利用ください

武田斐三郎(たけだあやさぶろう)・ 榎本武揚(えのもとたけあき) 立像

エレベーターホール窓側には、五稜郭の設計者である蘭学者・武田斐三郎と
旧徳川幕府海軍副総裁・榎本武揚の立像があります。

画像

武田斐三郎(1827-1880)

緒方洪庵や佐久間象山らから洋学などを学ぶ。洋式軍学者として製鉄、造船、大砲、築城に明るく、箱館開港後は、箱館諸術調所の教授として活躍。その後、幕命により弁天台場、五稜郭の設計監督にあたった。

画像

榎本武揚(1836-1908)

オランダ留学を経て幕府の海軍副総裁になる。幕府崩壊後、新政府への軍艦引き渡しを拒否して脱走。箱館に旧幕臣による仮政権を築くが箱館戦争で敗れて降伏。後に明治政府の要職に就く。


徳川幕府軍艦「開陽」模型

画像

エレベーターホール壁側には…

榎本武揚率いる旧徳川幕府軍が五稜郭を占領後、松前藩最後の防衛線である江差の攻撃をもくろみ、開陽丸で江差沖へ進みましたが嵐のため座礁、沈没した悲劇の軍艦「開陽」の模型を展示しています。


その他の設備

男子トイレ(小10・洋4)・ 女子トイレ(洋12)・オストメイト対応多目的トイレ(1室)・授乳室(1室)
記念スタンプ(2種類)・各国語リーフレット(ご自由にお持ちいただけます。)・コインロッカー・公衆電話

五稜郭タワーは、全館禁煙でございます。
ペットを連れての入館はお断りしております。(盲導犬・介護犬・聴護犬を伴っての入館は可能です。)

 

このページのトップへ